京都工芸繊維大学 情報工学・人間科学系
田中 一晶 助教
人の手のような柔軟性、体温、指の動きを再現するロボットハンド型の身体接触デバイスを開発しています。これをビデオ会議端末やVRゴーグル等の既存のコミュニケーションシステムと組み合わせることで、離れた場所にいる人や、仮想空間のCGキャラクタ/アバタと触れ合うことを可能にします。これにより、単なる映像越しのコミュニケーションよりも同じ空間で対話している感覚が高まります。アイドルや本来触れ合えないキャラクタとの握手会等のエンタテイメント分野での活用が考えられる他、触れることで人に癒しや安心感を与える介護ロボット、身体接触のための機能を持つ義手等、医療福祉ロボティクス分野への応用も期待しています。

TOP