兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構 金属新素材研究センター
竹内 章 副センター長・教授
兵庫県の瀬戸内海沿岸部には、日本有数の金属素材・加工に関する企業集積地帯が形成されており、我々は、この一帯を「ひょうごメタルベルト」と名付け、さらなる活性化を目指しています。本学では、2019年4月に内閣府と県による支援を受け、姫路工学キャンパスに「金属新素材研究センター」を設置しました。近年DXの観点から注目を集める3D造形技術のうち、電子ビーム型およびレーザービーム型の2種類の「金属用3Dプリンタ」を活用することで、従来の手法では複雑で不可能とされていた加工物の作製が可能となり、次世代の画期的な技術として期待されています。リアル展示として、金属3D積層造形技術で作製した実際の造形物も展示します。

TOP