大阪府立大学 大学院人間社会システム科学研究科 現代システム科学専攻
岡本 真彦 教授
meaQs/forQsシステムは、講義型授業を生徒の主体的な学びに転換する学習支援ツールです。meaQsは、講義内容に関する問題を受講生が作成し、受講生同士で共有し、演習や問題の評価を行うことができる作問協調学習環境であり、forQsはmeaQsに蓄えられた問題を利用して、受講生の自由進度学習を促進し、学習履歴を蓄積することで内部質保証データを取得します。meaQs/forQsシステムは、代表的なLMSであるMoodleのモジュールとして開発されており、Moodleを運用している機関であれば容易に導入することができます。 <共同研究者>
大阪府立大学 人間社会システム科学研究科 小島 篤博 准教授

奈良工業高等専門学校 情報工学科
上野 秀剛 准教授
社会の幅広い層に教育を行き渡らせる手段としてE-Learningシステムを用いた遠隔・非同期であるオンデマンド講義が有効であり、特にプログラミング教育においてはソースコードの自動採点システムなどの研究・開発が盛んである。本展示では受講者の提出するソースコードを自動採点するとともに、提出ソースコードの変更履歴から無作為な修正を自動検出するシステムを紹介する。本システムを用いることで、演習の正答にたどりつかない修正を繰り返す受講者の特性を把握することことが可能となる。本システムと変更履歴分析の知見を生かしたサービスを共同で開発してくれるパートナーを募集しています。

TOP