大阪府立大学 大学院生命環境科学研究科 応用生命科学専攻
東條 元昭 教授
タケ(モウソウチク)由来ミミズ堆肥を作出し土壌改良剤として実用化するとともに、植物病害への抑制効果とそのメカニズムを明らかにしました。まず堆肥の作出法を確立し、植物病原糸状菌や植物寄生性線虫に対する抑制効果を確認しました。そしてこれらの抑制効果にいくつかの拮抗細菌や抗菌物質が関与している可能性を明らかにしました。また油粕とミミズを同時にタケ粉末に添加して堆肥化することで苗立枯病等を抑制する効果が維持され、植物の成長促進効果や可食部の食味成分を向上させる育苗土になることが示されました。さらにこの技術が給食残渣リサイクルにも応用できることを実証しました。

TOP